楽天証券でピクテ投資はじめる。

皆様、こんにちわ。

今年ももう3月が終わりますねー。はやいです。

コロナがまだまだ猛威をふるっていますが、健康第一で頑張っていきましょう。

さて、投資信託の中でも純資産トップ10にはいっている商品を買ってみました。純資産額が一兆円の投資信託はこれです。

まだ100円分しか買っていませんw

しかし一か月前と比べて、口数が増えていますね。

それは、この投資信託が毎月配当であり、受け取りは配当金ではなく(お金で受け取ってしまった時点で税金がぬかれるので不利)、再投資に設定しているからです。

この「ピクテグローバルインカム株式F(毎月分配)」という投資信託ですが、調べると色々とすごいことがわかってきた。先日もブログに書きましたが、復習してみましょう。

ヤフーファイナンス  ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配)

1.
毎月配当金がもらえる。これはもちろん、現金そのものは受け取らず、再投資の形で受け取ることも可能。純資産がトップ10にはいるような大きい投資信託が毎月配当型だったなんて、知らなかったなー。

2.
この投資信託を売っているピクテ銀行という会社はスイスにあるんですが、預かり資産額は、3770億米ドル、つまり40兆円にもなるようです。40兆円というのは、スペインやロシアの国家予算に匹敵する額です。なんでこんなにすごいのでしょうか。実はこの銀行、フランス革命のときから貴族などにサービスを提供していたらしいのですw もう歴史の教科書にのるレベルですw
こんなすごい会社だもん、そりゃあ世界中の天才たちが就職しているはずです。

3.
何に投資しているのでしょうか。主に世界の高配当利回りの公益株に投資しているようです。公益株とは、電力・ガス・水道・電話・通信・運輸・廃棄物処理・石油供給などの日常生活に不可欠な公益サービスを提供する公益企業が発行する株式らしい。なんとも、てがたいところを押さえている。しかも、特定の銘柄や国に集中せず、分散投資しているとのこと。

4.
ただし管理費用が1.81%と高い(ネット時代であるから、0.5%以上は高いとみなす)。しかしである。楽天証券なら、「クレジットカード決済による投資信託の積み立て購入」ができるのだ。楽天クレジットカードで決済すれば1%ポイントがつく。つまり管理費用は実質1.81%-1%=0.81%とかんがえることができるのだ(*購入一年目だけですがね)。
*「クレジットカード決済による投資信託の積み立て購入」を利用するときは、毎月1日が購入日となる。違う日に購入することはできないから注意だ。さらに、積み立て購入を設定してから実際に購入されるまで1-2ヶ月かかるから、そこも注意だ。

おっさん

4月からは、この投資信託を毎月1万円分、楽天クレジットカード決済による積み立てで購入をしていきます。お楽しみに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする