陰謀論

皆様、いつも当ブログをみてくださり、誠にありがとうございます。

コロナは大丈夫でしょうか。60歳以上の方々は、本当に健康に留意してくださいね。

さて今回のコロナショックで、俺の資産評価額は何百万円と減った。

今回の市場の大暴落を実際に経験してみて、文字通りショックを受けたのはそうなのだが、ふと、これで失ったものはどこにいってどこで取り返せるのだろうかと考えた。

損切りしたひとは無論お金を失った(俺はまだ損切りはしていない、できていない)。そして、失った分は働かなくちゃいけないと思うはずだ。

損切りしていない俺でも、評価額が下がった分、またしっかり働かなくちゃと思った。

そう、暴落によって、多くの人たちの労働へのベクトルがうまれたのだ。潜在的な労働意欲ともいえるだろうか。

会社のために、社長のために、資本家のために、暴落でお金を失った人々は働くなくちゃと思ったのだ(暴落で失ったお金は、どこか他のプロ投資家がかっさらっていっただけで、なくなってはいないのに、新しく労働力が地球上にうまれたのだ!)。

つまり、暴落は労働力を生む・・・・・・・、暴落は本当のお金持ちにとって必要ともいえるのではないだろうか。

だって、全員が、文字通り地球上の全員が配当金生活を送れるなんて、おかしいじゃないか。

陰謀論は嫌いだが・・・・・・・・、暴落がないと、働くひとがいなくなる、労働力がなくなる、本当の大金持ちのために動いてくれる人がいなくなってしまう・・・・・・。

ロボットが全ての労働、生産をするようになるまでは、暴落は必要なのかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする