FRBが利下げしたけど、利下げってなに?

おっさん

コロナショックで、景気がわるくなった。これは誰でもわかるよね?

boin

当たり前でしょ。人、金、物が動かなくなって、リアル店舗は大打撃よ。倒産もたくさんでてきているでしょ。

おっさん

うん。深刻な事態だね。

おっさん

アメリカでは、景気がわるくなりすぎるのを止めるために、2020年3月15日、FRBが政策金利を1%引き下げ、年ゼロ%~0.25%とすることを決定した。

boin

むずかしい。ちゃんと説明して。

おっさん

まずFRBっていうのは、アメリカの日銀みたいなところだね。銀行の親分みたいなところだ。そのFRBが、金利をさげたんだね。

おっさん

金利がさがると、会社や個人はどうするだろう?「利子があまりとられないんだから、金をかりて、いろいろやろう」となるよね?

会社なら「金利(=利子)がひくいんだから、どんどんお金をかりて、新しい工場をつくろう」となる。

個人なら「金利(=利子)がひくいんだから、どんどんお金をかりて、投資したり、あたらしい事業をはじめよう」となるよね。

boin

そうか。たしかに、利下げすると、お金がまわりだして、景気がよくなるね。

おっさん

そうだね。

そして景気がよくなりすぎると、今度はみんながお金をかりすぎて、返しきれない借金やローンをしてしまう。だから、景気が高騰しすぎたら、FRBは・・・

boin

利上げをして(利子をおおくとる)、ひきしめて、会社や個人がお金をかりにくくするっていうことね。

おっさん

そういうことなんだ。

おっさん

今回FRBはいっきに1%も利下げをした。いつもなら利下げ幅は0.25%で、0.5%でも多いという感じなんだ。それが一気に1%をさげたということは、アメリカの緊迫した状況がわかるよね。

boin

そうかー。いっきに1%下げるって、まれな事だったのね。

おっさん

うん。そして、これで政策金利は0~0.25%となり、ゼロ金利となった。だから、FRBは景気を調整する武器として、利上げや利上げという選択肢はもう使えなくなったということにもなるね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする