ふるさと納税のお礼の品を他人に配達して贈った場合、そのお礼の品は自分の一時所得となってしまうのか?

ふるさと納税をしてお礼の品をうけとった場合、そのお礼の品は一時所得として課税されます。
しかし、一時所得は50万円を超えなければ、税金が発生しないので、結局ふつーのひとはふるさと納税のお礼の品をうけとることによる課税なんて考えなくもよいのです。

しかし、年収が高い人でふるさと納税をたくさんして、少しでも得をしたい人はいるでしょう。

そんな人は、「ふるさと納税のお礼の品を、自分が受け取らずに、他人にお中元お歳暮がわりなどに送った場合(楽天ふるさと納税などでは、配達先を自分以外の住所にできます)、そのお礼の品の分は自分の一時所得にはならないのではないか」と考えるかもしれません。

税務署に電話で確認したところ、「お礼の品を自分がゲットせず他人に配達した場合でも、あなたに一時所得としてかかります。あなたにお礼の品の権利があたえられた時点であなたに一時所得として課税され、そのあとに、あなたが他人にその品を贈与したと考えます」という見解であった。

ふるさと納税のお礼の品を自分自身がゲットせず、他人に配達して贈った場合でも、そのお礼の品は自分の一時所得となってしまうようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする