昼寝、やれぜったい。リライト一回目。

NASAにより、昼に26分間の仮眠をとった結果、認知能力が34%上昇し、注意力も54%上がった

グーグルやアップル、マイクロソフトといった世界の一流企業も、仮眠スペースや快眠マシンを導入

昼寝の時間帯 目安としては正午~午後3時頃が望ましい

時間は15~20分

30分以内の昼寝は認知症のリスクを下げる
Asada T, Motonaga T, Yamagata Z, Uno M, Takahashi K. Associations between retrospectively recalled napping behavior and later development of Alzheimer’s disease: association with APOE genotypes. Sleep. 23(5), 629–634 (2000).

スイスで行われた研究で、短時間の昼寝が心臓病のリスクを下げることが明らかになった。
Association of napping with incident cardiovascular events in a prospective cohort study
Nadine Häusler1, Jose Haba-Rubio2, Raphael Heinzer2, Pedro Marques-Vidal1
Correspondence to Dr Nadine Häusler, Department of Medicine, Internal Medicine, University Hospital of Lausanne, Lausanne 1011, Switzerland

段階昼寝、午前の仕事がきつくて、脳が興奮していて、昼寝できないときは、一回目の昼寝で寝ようとせず、何か気になることなどをこなしてから、また二回目の昼寝を15時前までにとってみてください、そうすると二回目の昼寝はぐっすり眠れます


↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする