人生で読むべき本と読む順番

おっさん

俺は読書が嫌いだ。youtubeの方が好き。

boin

知ってた。じゃあなんでこんな大袈裟な「人生で読むべき本と順番」なんていう記事かいてんのよw

おっさん

いやいや、だからこそ、ってことよ。

おっさん

俺みたいな優れた才能なんかなくて読書嫌いなエロい男。そんな男でも、最後まで楽しく読めて役に立った本がある。それは紹介するに値するだろうよ?

boin

まあ、簡単にいうと、あんたみたいなくず男でも読めたいい本ってことね。読書好きで、頭のいい人が選んだ本のランキングとは、確かにちがってておもしろいかも。

おっさん

はっきり、いうなぁw

おっさん

まあ、簡単にいうと、そういうこと。

boin

このデータみてよ。1か月に1冊でも本を読めば、上位40%の読書家になれるわよ。1か月に1冊も本を読まない人が60%もいるんですもの。



節約ハック

おっさん

いいねぇ。1か月に1冊本を読んで、「社会人の60%が下にいる」っていう優越感をもとうw

おっさん

さて、さっそく、読字障害レベルの俺でも読めて人生のためになった本を紹介していくぞ。

1位・・・漫画 君たちはどう生きるか 吉野源三郎 (著), 羽賀翔一 (イラスト)

社会生活をうまく生きるための大大前前提を理解したり、思い出させてくれる本
地動説つまり自分中心の考えは社会生活でもそのままみられる、真実をみるために自分中心(地動説)の考えをすてられるか?
水の味は説明するよりじっさいに飲ませないとわからない、人生の意味もその味の感じ方は人それぞれであり人生の意味について答えがないという答えがすでにだされている、人生の意味は自分でみつけないといけない
ひとを住まいや衣服や食事で判断してはいけない、貧しくても高潔な心をもち良識がありなら尊敬すべき偉い人だ
よいこころがけをもっていながら弱いばかりにそのこころがけをいかしきれないでいる小さな善人の多さよ、だから悪くはないが弱いばかりに自分にも他人にも余計な不幸をまねいているひとがいる、そうだ、人類の進歩にむすびつかない英雄気取りもだめだが、英雄さや勇気のない善意もまた空しいのだ
変えられないことを考えるのをやめれば余計な感情にあしをとられない!
結局人間らしく生きるのが楽だし苦しみがない
この世の中は地動説ではない、つまり自分を中心にはまわっていない、であるならばなにを中心にまわっているのか?
以上の質問への回答がわかる

おっさん

冷静に周囲を見渡すと、自分の生活は数え切れない人たちによって支えられていると気づく。自分ができることなど、本当に小さい小さいこと。それは考え方によるものではなく、厳然たる事実だ。だから周囲と助け合うしかない。「思考は現実化する」的に言えば、自分ができないこと(ほとんどがそう)はどんどん周りの助けを得て成功せよ。


2位・・・疲れすぎて眠れぬ夜のために 内田 樹

面白いし、知的教養がつく
アメリカはミソジニーである歴史的トラウマがある(これは読んでおくべき、西武時代に女性がすくなく男性はこれに悩まされたという)
ビジネスはやってもレイバーはするな、ビジネスとはリスクをとれることでありリスクをとれれば決定権がある
交和的機能(Aだね、うんAだよね)がビジネスや人の主体ではないか
戦後民主主義をつくったのは虐殺や戦争や飢え貧困をしっている明治のひとたちで、民主主義を信じる心がないとなくなるお遊戯会みたいなものであり、そこに「ある」ものではない、だから70年代から時代がおかしくなったのは明治大正生まれのひとたちが第一線からしりぞいたからだ

おっさん

現代のいじめって、もしかしたら、この安全平等が祈りや願いからの演劇だということに気づかず、当たり前のことと盲信してしまっている背景もあるのかな?

空間的に自分がどこにいるかはわかるが、時間的にどこにいるかは勉強しないとわからない
個性とは消去法でみるかるもの
身体感覚、邪念を察知することを磨く

おっさん

eスポーツって、なんだかあれ?っておもうのはこのせいかも。eスポーツは視覚系や運動系は鍛えられるけど、それ以外の身体感覚はなおざりにしてるんだよな。

自分ができることをどんどんやるのは品がない、いざという時のために余力を残し、いつも余裕をもつことの大事さ。礼儀正しくいれば、「かわす」「はずす」「ずらす」対応ができ、相手はそれ以上「突っ込めない」。これは成人としてあらゆる場面で役に立つ姿勢だ。
(2021年7月)

3位・・・思考は現実化する ナポレオンヒル

20代でまず読もう。自己啓発本をけっこう読んできたけど、やっぱりすべての啓発本って、結局この本の焼き直しなんだよね。だからこの本を何度も繰り返し読めば、他の自己啓発本なんて読まなくていいと思う。若い時は夢がたくさんあるから悩まないかもだけど、多くのおっさん、多くの大人達が悩んでこの本を繰り返し読んでいるベストセラーだから、結局自分も同じところに行き着くんだから、若い人もはやめに読んでおいた方がいい。そして、「こうやって自分の夢って実現していく方法があるのかー」って漠然としたイメージでももっておいた方がいい。そして繰り返し読もう、何度読んでも発見があるから、ベストセラーはやっぱりすごい。

4位・・・どこでもできるはじめての瞑想 宝彩有菜

しゃかは苦行をやめたから、悟りをひらけた
瞑想をやると机の上が片付けられ課題がやりやすくなる
瞑想→頭が整理→データ処理があがる→ストレスがきても、余裕をもてる、クモをみてもとーーくでみられるような状態
堂々巡りの思考はセロトニンの偏在によるからセロトニンをたしてもよくならない、これから脱出するには「だからいま不幸だ」と思うことをやめる、瞑想ならすぐに棚上げできる
自分の欲がなくなれば物事を多面的にみられ、より深く理解できる
よくある、どっかの素人がネットの知識の寄せ集め、付け焼き刃でかいた入門書ではなく、著者が瞑想の達人であることがそこはかとなく伝わる、読むだけで瞑想した気持ちになる、何度も読みたい


___________________________________________________________________________________________________________________
以下の本たちは、「読んだけど人生に必読ではなかったもの」だぞ 


↑悲観主義の人は「永続的(ずっとだめなんだ、永久によくならない)」「普遍的(どの〇もだめだ、誰しもいじわるだ)」「内向的(自分がだめなんだ)」と考えてしまう。いっぽう楽観主義は「一時的(いまだけつらい)」「特定的(たまたま、あのひとは)」「外向的(しれんをポジティブに)」
達観して楽観せよ、例えば、100年後、世の中のひとたちはすべて入れ替わってる、いま怒っている人間のいざこざはすべて小さいことで、それにどれほどの意味があろうか?
不思議なことに、感謝は楽観主義につながる
イラショナルビリーフ(事実ではない、論理的ではない自分の勝手な考えから、あやまった結論をだして悲観的になる)を変えよう
楽観主義とは馬鹿っぽく世を甘く見ることではなく、物事の否定的ではない見方を学習すること
哲学者アランによれば、誰でも悲観的には簡単になれる、意志や学びがなければ、誰でもデフォルトが悲観なのだ。悲観とは気分によるものだと、ばかみたく気分にまかせて生きてれば誰でも悲観となる
本の前半は楽観主義とは学んで学習できる学問であるという主張で面白いが、後半はたんなる大学の心理学の講義という感じ


↑上がり続けるものは上がり、下がるものは下がる。200億以上の実績をだしてるから、含蓄がある。リスクのないところにリターンはない、ギャンブラーの考え方だw
あとは効率、利率を最重視している。不動産投資も利率がよくないからやりたくないと。だから勝てる勝負に全財産にちかい金をぶっこむのがよいと。値動きの激しい銘柄をねらうと。再保険商品は初耳。子供時代にじぶんで紙幣をつくって友達にくばった体験はおもしろいな、これならインフレの仕組みなど身に染みるだろう。両親の意見はちがうほうがよいというのは面白い、視野がひろがるし縛られないからね。麻雀とかパチンコとか若い頃から強くてやはり素質すごいな。ネットで稼ぐのもゲームとしてやろうかなw 勝っている人ほど会社の内容ではなく値動きだけをみている。資産6000万円で専業トレーダーになったのか。あと数十億もちだしたあたりからの大金持ちの話を読んでると、やはりアドレナリンでるw 巨額のお金がなければできないことが減ってきているからお金の価値はさがってきている、なるほど。「おっすおら損五億」w この本をよむとギャンブルしたくなるw 東証一部から転落した会社をかうのは夢があるなw とにかく徹底した順張りの思考。世の中にあるバグをひろってもうける、無限に努力をすれば、たいていの人には勝てるようになる、マカオのカジノでよく金正男をみたとか、本物のギャンブラー。資本主義は人類史上最大のゲーム
(2021年7月)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする